弁護士だから出来るサポートがあります。

解決事例
賠償金額が適正化されました。

20代・女性 顔面醜状及び嗅覚脱失の後遺障害

提示額が2倍以上に適正化!

被害者は、バイク走行中に自家用車と出会い頭の衝突事故に遭遇。 顔面醜状及び嗅覚脱失の後遺障害が残りました。(後遺障害等級併合7級) 交渉の結果、保険会社の提示額が2倍以上に適正化されました。

40代・男性 死亡事案による訴訟提起

賠償金額が大幅に増加

自家用車運転の被害者のセンターラインオーバーを主な原因として、トラックと正面衝突。
被害者は死亡した為、遺族が自賠責保険に被害者請求をしたものの、被害者の過失が9割以上であると認定され、賠償金額が大幅に減額されました。
訴訟提起の結果、被害者の過失が大幅に減少し、新たに2,000万円以上の賠償金が支払われました。

30代・女性 頸椎・腰椎捻挫

提示額が2倍以上に適正化!

被害者運転の自家用車が赤信号で停止中、後方から追突された為、頸椎、胸椎及び腰椎捻挫の怪我を負いました。(後遺障害はありません)
交渉の結果、保険会社の提示額が2倍以上に適正化されました。

まずはお気軽にご相談ください

おあしす総合法律事務所へご相談に来ていただくことが問題を解決する第一歩となります。
弁護士が最適な課題解決策をご提案します。

  • 無料相談のご予約(物損事故のみの対応は致しておりません)